千葉県船橋市の税理士 山田会計事務所/山田洋子税理士事務所。起業支援、自計化支援、ブログ配信、弥生会計導入支援など!千葉市、市川市など対応!

<< 補助金って何? | main | 平成21年・22年に不動産を取得した方は必見!!! >>
創業補助金の募集迫る!!!
間もなく募集が開始する補助金の制度があります。

それが、『創業補助金』という制度です。

目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

※補助金制度自体の概要についてはこちらを参照ください。
山田のススメ 2015.02.18寄稿 補助金って何?
http://blog.yk-c.jp/?eid=1024646


これは一昨年から創設された制度で、今年も予算が組まれました。

その額は58億円です。(一次募集が50億円、二次募集が8億円)


内容としては企業の創業費用を負担しようというもので、

補助金額としては通常のものは200万円を上限とします。

つまり単純に計算すると計2,900社が補助を受けられるものです。


創設当初は募集企業に対して8割が採択を受けることが出来たという非常に採択率が高い制度です。

しかし、制度自体が非常に有名となったため申請企業が昨年より増大し、採択率はかなり低くなりました。

でも今年の創業補助金はまた一味違っています。


この制度は募集はまだ開始していませんが、先行して募集要項が発表されました。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sogyo/2015/150213Sogyo.htm

まずは以下の内容をご覧ください。


<募集期間>

一次募集:平成27年3月初旬より募集開始 (1ヶ月程度を予定)

二次募集:平成27年4月初旬より募集開始 (3週間程度を予定)


<対象者の創業時期>

募集開始日から補助事業終了日の間に創業予定の方※1


<対象地域>

一次募集:全区域(認定市区町村での創業は加点あり)※2

二次募集:認定市区町村のみ※2


まずは※1です。

実は昨年までのこの制度は募集開始日から1年程前までの設立企業から対象にしていました。

それが今年は募集開始日以降の設立を対象に限定しています。

既に設立済みの企業は非常に残念ですが、これから設立予定の企業は大チャンスです。

この要件により分母が大幅に減ることが予想されますので採択率は大幅アップになるでしょう。

なお、この制度は個人事業者も対象としていますので、これから独立を考えている方は早急に検討してください。


また、既に期数を重ねている企業にとっては、関係がないと思われるかもしれませんが、

この創業は子会社としての創業でも認められる
(予定)です。

既存の企業にとっても、新規ビジネスで補助金を狙うチャンスはまだあります。



続いて、※2です。

今回の創業補助金では認定市区町村に対してかなり優遇をしております。

では認定市区町村とはどこか?船橋市が認定されています!

正確には2月末時点での認定市区町村なのですが、認定区町村での創業者にとっては大チャンスです。

千葉県では近隣の市区町村も認定を受けているようなので、必ず確認しましょう!



以上が創業補助金の募集概要でした。

とにかく募集期間が短く、また作業に最低でも2週間程度は要します。

対象の方は早急に検討しましょう!


=================================

<PR>

山田会計では補助金の申請をサポートします。

山田会計は船橋市の会計事務所であるとともに、経済産業局公認の認定支援機関です。

特に創業補助金・ものづくり補助金といった制度の申請にあたっては、認定支援機関の支援が必須となります。

補助金の申請から融資、ビジネスモデルの構築までトータルでサポートします!

さらには顧問のお客様であれば、補助金受給手続き、その後のモニタリングまですべてお手伝いが出来ます!

初回の相談は無料でお受けしますので、お気軽に問い合わせください。(問い合わせはこちらまで)
カテゴリ:補助金 | 12:40 | - | -

c